組織概要



設 立 趣 旨 書

1 趣 旨

現在生駒市には、59カ国・1,015名の外国籍市民が居住しています。(2010年4月現在)その国籍、民族、居住に至る経緯には多様性があり、家族の存在を合わせて、豊かで多様な「国際文化交流都市」としての発展の可能性を感じさせる。「生駒市国際化基本指針」(1996年)策定以降、市民と行政とが相互に協働・補完して、「わいわいワールド」の運営、地域「オリニ会」活動、日本語教室への参加など、各種の事業を行い、多くの成果を収めてきた。さらに、地域におけるグローバル化の波は押しとどめようがなく、今後なお一層、市民のニーズに応え、さらなる活動を実践するために、組織の整備と計画的な運営を行う必要が増してきた。そこで、諸事業のさらなる展開をめざし、開かれた組織づくりを行い、多方面の力を結集して、県知事の認証を受け、NPO法人として運営の充実を図ることに合意し、ここに申請を行うに至った次第である。

2 申請に至るまでの経過

2006年11月 任意団体いこま国際交流協会設立
2006年11月 第 6回生駒国際交流の集い「わいわいワールド」に参加
2007年 2月 特定非営利活動法人格取得のための研修会開催
2007年 3月 多文化共生交流会開催
2007年 5月 特定非営利活動法人いこま国際交流協会設立のための発起人会開催
2007年 6月 特定非営利活動法人いこま国際交流協会設立総会開催

3 役員の紹介(2011年7月1日~2013年6月30日)

理事長 奥田  由利 オクダ ユリ (生駒市人権教育推進協議会理事)
副理事長 渋谷  真樹  シブヤ マキ (奈良教育大学准教授)
理事(事務局長) 李   和子 イ   ファジャ (奈良・在日外国人保護者の会生駒顧問)
理 事 岡山  真知子   オカヤマ マチコ (教員)
理 事 金   富潤  キム  プユン (韓国民団生駒支部副支団長)
理 事 涂    輝  ト    キ (通訳・翻訳者)
監 事 Ringhofer Manfred  リングホーファ・マンフレッド (大阪産業大学教授)
監 事 康   由美 カン  ユミ (弁護士)
顧 問 森田  喜三 モリタ ヨシミ (生駒市人権教育推進協議会理事)
顧 問 金    東勲  キム  ドンフン (生駒市外国人住民教育推進懇話会前会長)
顧 問 上杉  孝實  ウエスギ タカミチ (生駒市人権施策審議会前会長)
顧 問 田淵 五十生 タブチ イソオ (福山市立大学教授)

関連資料

◆2013年度事業計画書.pdf ◆2013年度予算書.pdf
◆2012年度事業報告書.pdf ◆2012年度決算書.pdf
◆2012年度事業計画書.pdf ◆2012年度予算書.pdf
◆2011年度事業報告書.pdf ◆2011年度決算書.pdf
◆2010年度事業報告書.pdf ◆2010年度決算書.pdf
2009年度事業報告書.pdf 2009年度決算書.pdf
◆2008年度事業報告書.pdf 2008年度決算書.pdf
◆2007年度事業報告書.pdf ◆2007年度決算書.pdf
定款いこま国際交流協会.pdf

Homeに戻る